スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/9、森ゆり子さん特別講義

Category : 未分類
明後日 水曜日、
前回の荒井良二さんにつづく、第二弾特別講義
森さんの講義があります。


神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科特別講義vol.2

NPO法人「絵本で子育て」センター理事長
森ゆり子さん
「絵本の力、絵本の可能性」

場所・神戸芸術工科大学 吉武記念ホール
アクセス

時間 14時40分~2Hほど

聴講自由、ご予約不要。


JR、阪急、阪神の「三宮」駅より、神戸市営地下鉄(西神・山手線/西神中央行)に乗換え。
「学園都市」駅下車。(三宮から約23分)
学園都市駅の改札(一ヶ所のみ)を出て、正面の左右に通っている道路に沿って右(舞子方面)へ約6分直進。
「芸工大前」交差点を右折、すぐ。(青色の大学案内板が見えます。)
入って正面建物(1Fギャラリー)の2Fホールになります。

****

今回、
昨年たまたまインターネットでふと気になり、
ぜひとも絵本のクラスでお呼びしたいな、と お願いさせていただきました。
とても良いお話を聞かせていただいて、今年はもっとたくさんの方に
聴いて頂きたい、と思ったので、 お願いさせていただいています。


今の社会に必要なものが何なのか、ということと
絵本による心の成長の大切さ、親子のコミュニケーションについて
とても腑に落ちる、すばらしいお話でした。


絵本を親に読んでもらうこと自体、それだけで大切な事柄で
その時間は特別であり、子供の成長に大変重要な役目を果たしているということ。

いろんな絵本がありますが、絵本にもいろんな役割があります。
好き嫌いも大切ですが、心を育むツールとしての絵本の体験、
ぜひ、この機会にされてみてはいかがでしょう。

この講義の素晴らしいところは
理屈でなく、体感でわかる、ということです。

前回昨年の授業では、自分が子供であった頃、
ガマンしていたことや、わかってもらいたかったこと、
それが森ゆり子さんの読み聞かせる絵本を通して 浮かび上がってきました。
泣いている学生も数人。

絵本ってこんなにすごいものなのか、と感動しました。
こんなことができるのかと。

ただ、暖かい、悲しい、おはなし、でない
絵本のもつ 「力」
そして可能性。 

実際に本も読んでいただくことになりますので、
小さいお子さんがいらっしゃる方も、
それだけでなく、すべての方々に 何か思い出していただけるきっかけになるとおもいます。

またこれを生かして、読み聞かせてあげることの大切さ、伝えていただきたいです。



森 ゆり子さん プロフィール

1952年広島県生まれ
1976年大学卒業後?ほるぷ入社
2000年ほるぷフォーラム設立に参画、大阪代表に。
2004年NPO法人「絵本で子育て」センターを設立、理事長に就任。
同年「絵本講師・養成講座」を開講。翌年より同講座を芦屋、東京、福岡3会場で開講。
2010年第7期を迎える。
関西地区を中心に「絵本」と「子育て」に関する講演(講座)活動を
積極的に展開するかたわら、
NHK文化センター(神戸教室)の講師もつとめる。
著書に『絵本を読んであげましょう』。日本子どもの本研究会会員。

プロフィール

hisamotopage

Author:hisamotopage
久本直子 画家、イラストレーターです。
絵本の絵や挿絵、広告、デザインなどやっています。

本サイトはこちら
です

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
一日一回クリックをするだけ
最近の記事
Twitter
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

moon
CURRENT MOON
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。